BRANDから探す
BRANDから探す

PANERAI / パネライの記事一覧へ


伝統を踏襲した名作時計! パネライ ルミノール マリーナ1950 PAM1312 について <2022/1 掲載記事>

2022/01/07 聖徳太子

パネライはイタリア海軍由来の歴史があるブランドです。

デザインは全てルーツに踏襲されており、ブランドの色が大きく時計に反映しています。

今回は人気かつ定番のルミノール マリーナ1950 PAM1312 についてご紹介いたします。


ルミノール マリーナ1950はパネライの中でもハイエンドラインのモデルです。

このモデルは名前の通り1950年代のモデルをベースとしています。



通常のルミノールケースとの大きな違いとして!!丸みを持たせたすり鉢状のケースのデザインが挙げられます。

こちらは歴代のラジオミールの丸みを継承したもので、カーブのラインが美しくなっております。

パネライというブランドの歴史を踏襲した仕様。

立体感があり、精悍さと高級感が共存しているように感じます。



また、リューズガードにREG.TM(Registered Take Mark)の刻印が打たれております。

これはこのリューズガードの特許を意味し、パネライ独特のデザインシグネチャーを強調しています。

リューズガード、ネジは大きく、パネライらしいダイナミックな印象を与えます。

ラグも丸みを持たせた分下部が長く作られており、曲面的な仕上がりとなり、柔らかい印象を与えるとともに、着用感もアップしております。



パッと外観だけみると同じように見えますが、パネライの歴史を踏襲したディティールが節々に散りばめられており、男心をくすぐるデザインとなっております。

こちらPAM01312は2017年から発売されているモデルで、PAM00312の後継機としての展開です。

大きな変更点としてムーブメントがP9000からP9010へ移行されました。

これはムーブメントをコンパクトすることによって、ケース厚さが2mm薄くさせました。

大きさをコンパクト化したにも関わらずパワーリザーブは3日間をキープしており、パネライの技術力のアップデートが感じられる変更点ですね。

かつてデカ厚で一世を風靡したパネライのトレンド性を解釈した使用変更です。

スモールセコンドの針はライトブルーになっており、無骨なミリタリーウォッチの中に爽やかな差し色としてのアクセントとして添えられております。

2020年には大きなデザイン変更も行われました。

ベージュのインデックス&ステッチでしたが、インデックスはグリーン、ステッチは生成りに変更。カラーリングはPAM00312に近いようになります。

ケースはベゼルがポリッシュ仕上げで他の部分はヘアライン仕上げとなっているので、蛍光グリーンの鮮やかな色味のサンドイッチダイヤルとのコントラストが高級感を演出しています。

よりモダンで、クリーンな印象に変更されました。

また、裏蓋シースルーバックがなくなり、堅牢性が増しました。

パネライ自社製ムーブメントが覗けなくなることは賛否ありそうですが、よりパネライらしいタフな仕上がりになりました。



まとめ

パネライは見た目の違いはパッと見たところ少ないものの、よく見ると違いが感じられ、深みにハマりやすいブランドです。

是非好みのパネライウォッチを探してみてはいかがでしょうか。

ではまた!

関連商品

2,580,000 
パネライ世界200本限定
希少品
5%OFF
768,000  730,000 
大黒屋 郡山西ノ内店
希少品
998,000 
GMT_1675
希少品

関連するみんなの投稿

腕時計はロマン
2019年新作 オフィチーネパネライ ルミノールマリーナ PAM00978。パネライでは珍しい"シルバーダイアル"を採用したモデル。ケースバックはスケルトンとなっており、自社キャリバーCal.P9010を堪能できます!変わり種のパネライをお探しの方にはぴったりかもしれません。
5
39日前
かいりきあき
PAM00164
ガシガシぶつかります
PAM00104と好みが分かれます
4
50日前
ショウ
サブマージブル ブルーノッテPAM01068 めっちゃタイプやわ
2
68日前

関連記事

【ご夫婦さん必見】憧れのペア腕時計 記念日にカップルで選ぶ腕時計~ベスト3! <時計怪獣 WatchMonster 2017/2 掲載記事>
2017/2/22 MARUKOME 30代夫婦が憧れるペア腕時計ベスト3をご紹介致します!色々なブランドがある中、今回ご紹介するブランドはドラマ等でTV露出が最近多い『TIFFANY&CO』元祖デカ厚腕時計ブランド『OFFICINE PANERAI』。...

【腕時計レビュー】パネライ ルミノールマリーナ PAM00104との出会いと別れ <2016/5 掲載記事>
2016/5/24 心 大切にしていたはずなのに、今はもう手元に無い…良かったところも悪かったところも、今ではイイ思い出…。 という事で、パネライ ルミノールマリーナ PAM00104の感想を書きます。「パネライが欲しい!」という方の参考になれば幸いです。

【スーパーコピー対策】ニセモノ・パネライ撲滅企画 PAM00196 どっちが本物だ?④ ルミノール・クロノグラフ デイライト <2016/7 掲載記事>
2016/7/22 ZENMAI...

薄くなったパネライウォッチ!パネライ ルミノール ドゥエ について <2022/3 掲載記事>
2022/03/15 聖徳太子 ルミノール ドゥエ はデカ厚で一世を風靡するしたパネライが現代的なエッセンス遠加えた時計です。 今回はルミノール ドゥエの魅力と進化をご紹介させていただきます。 via: Luminor Due (panerai.com)

【儀式】手巻き時計の魅力 今買えるおすすめの手巻き時計 <時計怪獣 WatchMonster 2018/5 掲載記事>
2018/5/30 yusapapa ご存知のように機械式時計には、手巻き式と自動巻き、二種類のムーブメントがございます。個人的には、自動巻きの時計しか所有したことがないのですが、手巻き式の時計も魅力的ですよね。一日一回、ゼンマイを巻くという儀式。是非、やってみたいものです。

パネライ×ゼニス PAM00072 レビュー 見つけたら買い! <時計怪獣 WatchMonster 2017/12 掲載記事>
2017/12/15 Black monster エル・プリメロが搭載されたパネライの代名詞とも言えるPAM00072。いつの間にか相場が上がってきています。トケマーに出品されていたので早速レビュー。