BRANDから探す
BRANDから探す

AUDEMARS PIGUET / オーデマピゲの記事一覧へ


驚愕の価格高騰!AP ロイヤルオーク エクストラシン は300万円の大台を突破!<時計怪獣 WatchMonster 2018/5 掲載記事>

2018/5/12



オーデマ・ピゲの”ロイヤルオーク エクストラシン” はロイヤルオーク生誕40周年記念として発売されたスペシャルエディション!いつの間にかとんでもない金額になっていたので、改めて魅力に迫ってまいります。


2012年発表! ロイヤルオーク エクストラシン

 (195119)

【商品名】ロイヤルオーク "ジャンボ" エクストラシン
【型番】15202ST.OO.1240ST.01
【機械】自動巻 Cal.2121
【素材】ステンレス
【カラー】ブルー
【ケースサイズ】39mm
【ケース厚】8.1mm
【防水性】50m
【国内定価】2,592,000円
2012年にロイヤルオーク生誕40周年を記念して発表されたモデルがエクストラシン Ref.15202STです。美しいデザインに超薄型のケースが特徴のエクストラシンはロイヤルオークコレクションの中でも注目度・人気ともにトップクラスです。
ステンレスモデルには見えない圧巻の高級感!見事ですね。
 (195115)

ケースサイズは39mm、15300STと同じケースサイズですがケースの厚さに違いがあります。15300STは9.4mmに対しエクストラシンはわずか8.1mm。画像でも分かる通りかなり薄いケースとなっております。
 (195116)

超薄型ケースの秘密は、厚さ"3.05mm"のムーブメントにあります。エクストラシンに搭載されているムーブメントCal.2121はジャガールクルトCal.920をベースに作られた超薄型ムーブメントです。
 (195123)

ロイヤルオークのブレスレットの形状も特殊なものとなっております。コマの接続部分が綺麗に面取りされており、さらにコマの幅も狭くなっているため装着感抜群です。
3針の15300STや15400STも同じ形状のブレスレットとなっていますが、エクストラシンはより薄いコマで滑らかな作りとなっています。今まで腕につけた時計の中でもトップクラスの装着感です。
 (195118)

観音バックルのクラスプ部分には"AUDEMAR S PIGUET"の文字が刻印されています。
両側プッシュで取り外しが可能となっており非常に便利です。

15400STとのデザインの違い

左・15400 ST  右・15202ST

左・15400 ST 右・15202ST

一見大きな違いはなさそうに見えますがデザインが微妙に違います。
まず違うのは文字盤のAPロゴの位置です。15300STは12時側にありますが、エクストラシンは6時位置にAPロゴが配置されています。
もうひとつはタペストリーの大きさです。15400STと比べてエクストラシンのタペストリーは細かくなっているため、より繊細な雰囲気を醸し出しています。
 (195122)

インデックスと針の太さもエクストラシンの方が細くなっているため、より上品さを感じさせるデザインとなっています。
 (195121)

ケースからブレスレットの細かい部分まで丁寧に作りこまれたエクストラシンは"ステンレスとは思えない"圧倒的な存在感となっています。
また、サテン仕上げとポリッシュ仕上げもうまく組み合わさってとり、完成度が本当に高い一本といえます。

気になる現在の相場は?

 (195114)

エクストラシンは、近年さらに価格が高騰しており、現在の中古相場は箱・保付きの条件なら300万円を超えてきています。
ここ1、2年で50万円近く上がったんじゃないでしょうか?正規店で手に入れるのは依然困難な状況で、市場での出回りも非常に少ないです。
海外相場を見ても、現在はほとんどが300万円オーバーとなっています。とうとう300万円の大台を超えてきましたね。パテックフィリップのノーチラスといい、今回のエクストラシンといい、ステンレスモデルとは思えない金額まできてしまいました。
入手困難な状況はこれからもしばらく続きそうですね。時計としての完成度・希少性・将来性、どれをとっても素晴らしいエクストラシン。良い時計です。

リストショット

 (195113)

トケマー出品情報!!

オーデマピゲ ロイヤルオーク エクストラシン 15202OR.OO.1240OR.01 ブルー文字盤 自動巻 未使用品 10224156

5,280,000


オーデマピゲ ロイヤルオーク デュアルタイム 25730SA.O.0789SA.01 D番 グレー文字盤 中古A 10163871

1,098,000

関連するみんなの投稿

ZENMAIのココ東京
トラヴィススコット氏の腕時計は
オーデマピゲ
ロイヤル オーク ・パーペチュアルカレンダー・オープンワーク

NBAのジェームズハーデン氏はリシャールミルですかね?

8
2
94日前
ZENMAIのココ東京
バーバル氏
幻の初代ロイヤルオークコンセプト CW1 アクアライトですかね?
9
2
124日前
大黒屋 時計館 中野店
大人気! オーデマピゲ ロイヤルオーク
現行モデル 15500ST ブルー文字盤、廃盤モデル 15400ST 黒文字盤 カードギャラ
在庫ありますよ。是非ご検討下さい。
8
1
87日前
ZENMAIのココ東京
9/1からオーデマピゲの国内定価が改訂されました。

15500ST.OO.1220ST.01
定価2,530,000円だったのに🙃
8
88日前
ZENMAIのココ東京
YOON(アンブッシュのデザイナーでバーバルの奥様)
フルダイヤのロイヤルオーク エクストラシン?
凄いっ

ROYAL OAK “JUMBO” EXTRA-THIN
Ref. 15202BC.ZZ.1241BC.01
8
1
126日前
ZENMAIのココ東京
2021年新作

ロイヤル オーク フロステッドゴールド ダブルバランスホイール オープンワーク
Ref. 15412OR.YG.1224OR.01

41ミリ
ピンクゴールドケース
フロステッドゴールドベゼルはバゲットカットのマルチカラージェムストーンをセット
9
2
146日前

関連記事

永遠のエレガント!!オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク37mm「フロステッドゴールド」 <2021/11 掲載記事>
2021/11/25 聖徳太子 オーデマピゲを代表するロイヤルオーク。 まさにラグスポの頂点に位置する時計といっても過言ではありません。 その中でも最高級の技術・素材を使ったフロステッドゴールドのモデルをご紹介させていただきます。

ロイヤルオーク Ref.15300ST オーデマピゲ 徹底分析!! <時計怪獣 WatchMonster 2017/1 掲載記事>
2017/1/23 アイスクリーム オーデマピゲの中でも人気モデルといえばラグジュアリースポーツウォッチ代表格「ロイヤルオーク」ですね。 今回は数あるロイヤルオークの中でも絶妙サイズと評判の39mmケースに自社ムーブCal.3120搭載した...

【ロイヤルオークレビュー】Ref.14790ST小ぶりな36㎜メンズモデルをレビュー! <時計怪獣 WatchMonster 2018/11 掲載記事>
2018/11/6 Black monster いつの間にか100万代後半が相場となってきたRef.14790STのブルー文字盤。過熱するブルー文字盤とロイヤルオークの相場の上昇からすると数年後には200万代確実!? オーデマピゲ ロイヤルオーク...

【腕時計レビュー】激レア!AP ロイヤル オーク 「ジャンボ」エクストラ シン 15202IP.OO.1240IP.01 <時計怪獣 WatchMonster 2019/12 掲載記事>
2019/12/11 サウスポー 今回は激レアモデル、オーデマピゲ ロイヤルオーク エクストラシン 15202IP.OO.1240IP.01のご紹介をしたいと思います。

【我こそ大器晩成なり】オーデマピゲ ロイヤルオーク 14790ST 36mm <時計怪獣 WatchMonster 2017/2 掲載記事>
2017/2/11 ギロチン 近年になり注目されているのが36mmサイズのロイヤルオーク14790STです。41mmの現行ロイヤルオークが大きすぎて旧型を選ぶユーザーも増えています。まさに価値観の多様化を感じられる現象です。

【腕時計レビュー】37mmケース AP ロイヤルオーク15450SR <時計怪獣 WatchMonster 2019/11 掲載記事>
2019/11/27 サウスポー オーデマ ピゲのラグジュアリースポーツモデル"ロイヤルオーク"から37mmのユニセックスサイズ Ref.15450SRをレビューしてまいりたいと思います。