BRANDから探す
BRANDから探す

IWC / インターナショナルウォッチカンパニーの記事一覧へ


選ぶならどちらの腕時計?この2本で迷うよね・・・<時計怪獣 WatchMonster 2020/3 掲載記事>

2020/3/13



腕時計を買おうと思った時に、最後の2本で迷った経験のある方は少なくないと思います。安い買い物ではないですからね。後で後悔するのも嫌ということで、今回は選ぶならどちらの腕時計?について考えていきたいと思います。


 (230639)

腕時計を買おうと思った時に、最後の2本で迷った、なんて経験のある方は少なくないと思います。

どちらも買えればいいのですが、そんなに安い買い物でもないですからね。

1本に決めなければいけないという方がほとんどだと思います。

そこで、今回は、選ぶならどちらの腕時計?ということで、迷うことがおそらく多いであろう2本を比較していきたいと思います。

あくまで、私の個人的な主観で書いていきますのでご了承くださいませ。

ノーチラスVSロイヤルオーク

 (230621)

 (230622)

この2本で迷うことのできる人は、正直、かなりのお金持ちの方かと思われます。

パティック・フィリップのノーチラスと、オーデマ・ピゲのロイヤルオーク。

どちらも人気で、こんなに高額な時計が、なぜそこまで世界中で人気なのか不思議なくらいです。

やはり、お金持ちはどこの世界にもおられるもので・・・。

ノーチラスに至っては、現状、購入制限が設けられてしまっているというほどの異常な状況で、定価360万円ほどの時計に1000万円近い価格がつけられていることもございます。

これではなかなか買えませんよね・・・。

とはいえ、ラグジュアリースポーツウォッチの代表格ということで、潤沢な資金のある方にとっては、悩ましい2本でございます。

ちなみに、個人的におすすめなのは、バシュロン・コンスタンタンのオーヴァー・シーズでございます・・・。

エクスプローラーVSマーク18

 (230625)

 (230626)

ロレックスのエクスプローラーと、IWCのマークシリーズは、いつの時代も迷う方がかなり多いと思われる2本でございます。

見た目スッキリで、シンプルなデザインを好まれる方は多いですからね。

オンでもオフでも着けることができて、一生これ1本でもいけるという時計は、なかなかないものです。

もともとロレックスが欲しいという方で、他人とかぶることが平気であれば、やはりエクスプローラーを選んだ方がいいかもしれません。

遭遇率はかなり高いですが。

反対に、人とあまりかぶりたくない、でも、ロレックスが買えないなど妥協したとも思われたくない、なんて方は、マーク18はいい選択だと思います。

どちらも素晴らしい時計であることに間違いはありません。

シーマスターVSサブマリーナー

 (230629)

 (230630)

ダイバーズウォッチは人気のカテゴリーで、買おうと思っている方も多いと思います。

スポーツウォッチと言えば、やはり一番に思い浮かべるのがダイバーズウォッチですからね。

着けてるだけでかっこいいので、潜らなくても問題ありません。

そこで迷うのがオメガのシーマスターとロレックスのサブマリーナー。

シーマスターは、映画007シリーズとコラボしたり、限定モデルも多く、自分にとって一目惚れするモデルが出てきた時には間違いなくこちらを選ぶと思います。

もちろん、現行モデルもかっこいいですが。

サブマリーナーは、もはや説明する必要もないとは思いますが、ある意味、世界で一番人気のある時計と言ってもいいかもしれません。

そんな時計を腕に着けるということで、所有満足度は高いですね。

デイトジャストVSグランドセイコー

 (230633)

 (230634)

30歳以上の方が迷われると思われる2本。

ロレックスのデイトジャストと、グランドセイコー。

これは、実際に迷われている方の相談をいくつか受けたことがあるので、この2本で迷われる方は本当に多いと思いますね。

デイトジャストは、時計ブランドの王者、ロレックスの中でも一番のアイコン的モデル。

一方のグランドセイコーは、日本が世界に誇る、高級時計ブランドで、海外での評価はむしろ国内よりも高いといってもいいほどです。

この2本が候補に挙がったのであれば、もはや好みで選ぶしかないとは思いますが、グランドセイコーは種類が多いので、一期一会的な衝撃の出会いがあれば、グランドセイコーを選ぶ方も多いかもしれません。

パネライVSウブロ

 (230641)

 (230642)

ド派手でマッチョな時計好きな方にとっては、パネライとウブロで迷うという話を聞くこともあります。

どちらも見た目が派手で、ブランド時計が初めてという方にとっても、単純にかっこいいですからね。

どちらもかなり個性的な時計なので、着ける人を選ぶかもしれませんが、どちらかというとパネライの方が通好み、ウブロの方は時計に詳しくない人が見ても、なんだか凄い時計感があるといった感じでしょうか。

どちらを選んでも満足度は高いと思われますので、直感で選んじゃってください。


まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

時計を買おうと思った時に、迷った経験のある方は多いと思います。

友人に相談したり、お店の方に相談したり、ネットなどで調べたりと、色々と思案した後、納得のお買物ができたら言うことありませんよね。

2本まで絞ったのであれば、正直、どちらを選んでも後悔はないとは思いますが、悩んでいる時
が一番、幸せとも言いますから。

最後は自分の直感で、選んじゃってくださいね。

関連記事

オメガ スピードマスター 相場の上昇が止まらない。 <2021/11 掲載記事>
2021/11/29 Black monster 昭和のサラリーマン三種の神器の一つと言われたオメガ スピードマスター。 いつの間にかどのモデルも相場が上昇し簡単に買える価格じゃなくなりました。

ブレゲのミリタリークロノグラフ!アエロナバルとトランスアトランティック <2021/11 掲載記事>
2021/11/29 聖徳太子 スウォッチ グループの腕時計メーカー「ブレゲ / Breguet」は、天才時計技師として腕時計の歴史に名を刻んだ「アブラアン=ルイ・ブレゲ」の名を冠した名門ブランドで、世界5大高級時計ブランドの一つです。...

超絶技巧の技術力!ジャガールクルトが誇る逸品マスターコントロールデイト <2021/11 掲載記事>
2021/11/9 聖徳太子

世界初の歴史ある時計!サントスの伝統と進化 <2021/11 掲載記事>
2021/11/8 聖徳太子 世界初の言われているカルティエ「サントス」 こちらの魅力について書かせていただきます。 サントスはカルティエが最も力を入れているウォッチコレクションといっても過言ではなく、時代と共に進化し続けている時計コレクションです。 via:...

70年代のリバイバル!ファッション業界も注目のシチズン ツノクロノ <2021/11 掲載記事>
2021/11/7 腕周り14cm シチズン初の本格クロノグラフ機能付き時計として1970年代に人気を博した 『チャレンジタイマー/Challenge Timer』が今年『ツノクロノ/TSUNO CHRONO』として復刻されました。

洗練されたタイムレスな名品。IWCポルトギーゼ•オートマティック40 <2021/11 掲載記事>
2021/11/4 聖徳太子 IWCのアイコン的アイテム「ポルトギーゼ」 洗練されたデザインはシーンと時代を選ばない王道時計です。