BRANDから探す
BRANDから探す

IWC / インターナショナルウォッチカンパニーの記事一覧へ


【ブランド探究】IWCの良いとこ、悪いとこ 個人的一押しブランド <時計怪獣 WatchMonster 2017/10 掲載記事>

2017/10/15


時計好きな方であれば、IWCという名前はご存知の方も多いのではないでしょうか。質実剛健、機能美といった言葉の似合うブランドです。無駄なものを取り去った無骨なデザインは、まさに、男の中の男のために作られた時計。今回は、そんなIWCの良いとこ悪いとこについて書きます。


 (144803)

時計ブランドは数あれど、好みのブランドは人それぞれということで、私はIWCの時計が好きです。
一番好きと言っても過言ではないかもしれません。
そういうわけなので、今回の「IWCの良いとこ、悪いとこ」、は、どうしても個人的な思い入れが入ってしまうかもしれませんが、ご容赦ください。
IWCといえば、スイスのシャフハウゼンに本拠を置く時計ブランドで、シャフハウゼンはスイスの中でもドイツ語圏になります。
ということは、質実剛健、機能美といった言葉がぴったりのドイツ製品の良いところがIWCにも受け継がれていることになります。
 (144804)

実際、男らしいというか、無骨なデザインの時計が多く、思い出せませんが、以前の広告なんかでも、「男性のための時計」、みたいな表現が少し話題になったこともありましたね。
では、そんなIWCの良いところ、悪いところについて書いていきたいと思います。

良 値段が良心的

 (144805)

わりとお手頃な価格帯のモデルは、自社製ムーブメントを使っていないなどの批判はあるかもしれませんが、ムーブメントなんてしっかり作ってくれていたら自社製じゃなくても気にしないよ、なんて人も少なくはありません。
実際、IWCのムーブメントは、それが他社から供給されたものであっても、独自にカスタマイズされていると言われ、何の改良もなくそのまま使用するといったことはないようです。
 (144806)

個人的には、ある程度安い機械が入っていたとしても、メンテナンスも容易だろうし、修理できない、なんてことにならないだろうから、それはそれでいいと思うんですけどね。

どうでしょうか。

良 男心をくすぐるラインナップ

 (144807)

IWCのラインナップで特に人気なのが、パイロットウォッチ、アクアタイマー、ポルトギーゼだと思います。

個人的にはインヂュニアが好きなのですが、私の印象ではあまり人気はないようですね。
で、パイロットウォッチは、男なら大好きなミリタリー系ですね。

ミリタリー系のファッションが嫌いという人にはあまり出会ったことがありません。

何かしら、みんな好きですよね。

昨年はMA-1が大ブレイクしていたし。
 (144808)

ダイバーズウォッチも、男らしくて、無骨で、腕時計のカテゴリーとしても、とても人気のあるところかと思います。

また、ポルトギーゼは、スーツにも合う、非常にファッション性の高いモデルになっています。

私はスーツは着ませんが、スーツ姿にポルトギーゼというのは、それだけで仕事ができそうな雰囲気を醸し出しますね。
 (144809)

悪 モデルチェンジ後、ダサくなる傾向

 (144814)

ううむ、微妙~
via market.watch-monster.com
これは完全に主観ですので、異論、反論はあると思います。

ただ、個人的には、マークシリーズも、マーク12か、マーク15は好きなのですが、その後が・・・。

アクアタイマーも、以前、織田裕二が映画でつけていたモデルは好きなのですが、現行は・・・。
 (144812)

織田裕二がつけてたやつ
via market.watch-monster.com
もう一つ、フリーガー系で言えば、クロノグラフモデルも、現行のパイロット・クロノグラフよりも、メカニカルフリーガーが個人的には一番好きなんですよね。

ただ、これに関しては、本当に個人の好みですので。

悪 自社ムーブ搭載モデルが高すぎる

これは、自社製ムーブを搭載したモデルが高いのか、そうでないモデルが安いのか、微妙なところではありますが、それでも価格差でいうと、結構なものがあります。

もちろん、差別化ということもあるのでしょうが、素人的な感覚だと、自分の会社で作っているんだから、むしろ安くなるんでないの?と思うのですがね。

他のブランドを見ていても、自社製ムーブとなると、値段が高くなる傾向は確かにあるので、それが普通なのかもしれませんが。

それだけ汎用ムーブは安いということでしょうか。
 (144811)

まとめ

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

前にも書きましたが、IWCは、私の一番好きなブランドなので、どうしてもフラットな目でみることができません。ひいき目に見てしまうんですね。

なぜ、IWCがそんなに好きかというと、きっと、アンチロレックスの名残かと思います。

ひと昔前は、何が何でもロレックスみたいな時代があって(今もそう変わらないかも)、テレビに出ている芸能人から、街中の若者まで、みんなロレックス、ロレックスと言っている時代があったんですね。

そうなってくると、ロレックスはもういいや、みたいになって、そんな時に、メカニカルフリーガーかっこいいな、と思って買ったのが最初だったと思います。

今でも、IWCには欲しいモデルがありますが、みなさんも、ポストロレックスの最有力候補として、IWCの時計はいかがでしょうか。
 (144815)

新作インヂュニアはかっこいい

via www.iwc.com

関連記事

オメガ スピードマスター 相場の上昇が止まらない。 <2021/11 掲載記事>
2021/11/29 Black monster 昭和のサラリーマン三種の神器の一つと言われたオメガ スピードマスター。 いつの間にかどのモデルも相場が上昇し簡単に買える価格じゃなくなりました。

ブレゲのミリタリークロノグラフ!アエロナバルとトランスアトランティック <2021/11 掲載記事>
2021/11/29 聖徳太子 スウォッチ グループの腕時計メーカー「ブレゲ / Breguet」は、天才時計技師として腕時計の歴史に名を刻んだ「アブラアン=ルイ・ブレゲ」の名を冠した名門ブランドで、世界5大高級時計ブランドの一つです。...

超絶技巧の技術力!ジャガールクルトが誇る逸品マスターコントロールデイト <2021/11 掲載記事>
2021/11/9 聖徳太子

世界初の歴史ある時計!サントスの伝統と進化 <2021/11 掲載記事>
2021/11/8 聖徳太子 世界初の言われているカルティエ「サントス」 こちらの魅力について書かせていただきます。 サントスはカルティエが最も力を入れているウォッチコレクションといっても過言ではなく、時代と共に進化し続けている時計コレクションです。 via:...

70年代のリバイバル!ファッション業界も注目のシチズン ツノクロノ <2021/11 掲載記事>
2021/11/7 腕周り14cm シチズン初の本格クロノグラフ機能付き時計として1970年代に人気を博した 『チャレンジタイマー/Challenge Timer』が今年『ツノクロノ/TSUNO CHRONO』として復刻されました。

洗練されたタイムレスな名品。IWCポルトギーゼ•オートマティック40 <2021/11 掲載記事>
2021/11/4 聖徳太子 IWCのアイコン的アイテム「ポルトギーゼ」 洗練されたデザインはシーンと時代を選ばない王道時計です。