BRANDから探す
BRANDから探す

BREGUET / ブレゲの記事一覧へ


ブレゲのラグスポウォッチ!マリーン、マリーンII について <2021/12 掲載記事>

2021/12/21 聖徳太子



「マリーン」シリーズは、航海術に利用された時計から着想を得た、ブレゲを象徴するスポーツウォッチです。

ブレゲの伝統的な特質を生かしつつ、現代的なデザインに仕上げた腕時計で、マリン・クロノメーターとのつながりを思わせるものとしての伝統と現代のラグスポを結ぶタイムピースとして形を変えて健在しております。

現在はマリーンIII(第3世代)まで展開されていますが、その前の初代と第2世代の魅力をご紹介できればと思います。

via:https://www.breguet.com/jp


ブレゲといえばクラシックなデザインが象徴的なブランドでした。

1990年代、そのブレゲの伝統にラグジュアリースポーツのテイストを加えたものが「マリーン」シリーズです。

当時若手ウォッチデザイナーであったヨルグイゼック氏をブレゲは採用しました。

ヨルグイゼック氏は当時、エキセントリックで先鋭的なデザインを得意としてたデザイナーとしてなをあげており、元々ロレックス 、ヴァシュロンコンスタンタン などの時計デザインを手がけていた人物です。

特にヴァシュロンコンスタンタン 222はオーバーシーズの原形とも言われているモデルで、ケースからブレスレットまで流れるようなデザインはイゼックらしい捻りを効かしたデザインとして高い評価を受けています。

このイゼック氏の先鋭的なデザインとブレゲの格調高いメゾンを融合させなものが「マリーン」です。

まず大きな特徴点として、ケースサイドが挙げられます。

防水性能を上げるための仕様として、ケースサイドを太くデザインされました。また、リューズはねじ込み式となり、よりスポーティな印象になりました。ただ、防水性能を上げ、機能性を追加しただけではなく、コインエッジという、コインの周りのギザギザ部分を想起させるデザインは、ブラゲのクラシックな印象をリスペクトした仕様です。

またリューズガードを採用し、よりドレスウォッチからスポーツウォッチのエッセンスを取り入れます。従来スポーツウォッチにしか採用されていなかったリューズガードをブレゲの時計で採用するのは非常に新しく、先鋭的なものでした。

もう一つの大きな特徴として、時計の構造です。

「サンドウィッチ構造」と言われるもので、2層のベゼルとミドルケースに加え、2層のケースバックを使ったものです。

こちらも現代的なスポーティな手法で、ウブロのビッグバンの手法を先駆けて取り入れていたというのもイゼックの先見の明が伺えます。

のちに一世を風靡するラグジュアリースポーツ、デカ厚をいち早く取り入れたクリエイティビティの高さ。それとブレゲの伝統を見事に調合させたイゼックのデザイン性はかなり高次元であったと評価されております。



2004年、マリーンの後継機としてマリーンIIが発表されます。

こちらは前作 初代マリーンよりさらにスポーツの要素を取り入れられたデザイン、また、マリーンクロノメーターがルーツにあることを想起させる時計となっております。

6時位置の大きなデイト、ラバーベルトの採用で大きくスポーティな印象になりました。

またケースサイズが35mmから39mmへと拡大し、存在感を持つ時計と生まれ変わりました。

こちらのモデルからステンレススチールのコインエッジも追加され、大きくラグジュアリースポーツウォッチとしての位置を確立した展開となっております。

ただ、スポーティにすることでコストを抑えた訳では決してなく、文字盤には波打つような「ヴァーグ」というギョーシェ彫の追加、青焼のブレゲ針など、高級感あふれるディティールは健在しており、雲上時計の格が伺えるデザインとなっております。

マリーン2からはシースルーバックを採用しており、マリーンの美しく、凝ったムーブメントが伺えるのも嬉しいポイントですね。18金のローターも手作業で作られています。



まとめ

近年、5大時計ブランドのスポーツモデルの相場が高騰し始めています。

ブレゲは定価は非常に高いですが、他の5大ブランドより少し、買いやすい印象があります。

中古相場でラグジュアリースポーツの高騰の動きを見るとブレゲのマリーン、特に1.2は今のうちが狙いどころなのかなと思います。

雲上モデルのラグジュアリースポーツ。

是非手に取ってみてはいかがでしょうか。

ではまた!

関連商品

928,000 
大黒屋 時計館 中野店 (インボイス対応)
おすすめ品
2,950,000 
ふるぶる (インボイス対応)
おすすめ品
2,398,000 
cagidue (インボイス対応)
希少品
1,780,000 
大黒屋 時計館 中野店 (インボイス対応)
大人気モデル
1,828,000 
大黒屋 時計館 中野店 (インボイス対応)
2023年新作
630,000 
シュガー

関連するみんなの投稿

腕時計はロマン
ブレゲ トランスアトランティック 3820ST/H2/SW9。生産終了モデルですが、未だに根強い人気を誇るモデル。ブレゲの中でも比較的リーズナブルに購入できる点もポイントが高いです。ベゼルはサテン仕上げなので、ポリッシュ仕上げのアエロナバルと比べて落ち着いた雰囲気。イケメンです。
5
676日前
ミリオネア
ブレゲ
マリーン オーラ・ムンディ 5557
カムやハンマー、差動装置からなるシステムによって時刻と日付を計算し、瞬時に文字盤の時刻表示とデイト表示を切り替えることができます。
開発に3年かかった革新的なデュアルタイムウォッチ✨
4
681日前
ショウ
ブレゲ買ってみたい
3
686日前
ショウ
5517BB/Y2/5ZU
2
688日前
ミリオネア
ブレゲ クラシック パワーリザーブ
5277BB/12/9V6
WG✖️レザーにギョーシェ文字盤!シンプルそうで存在感抜群です。
7
701日前
ZENMAIのココ東京
Breguet Type XX Only Watch

2021年版では、
1950年代と1960年代のタイプXXクロノグラフの民間版に敬意を表して、この象徴的なブレゲ時計の視覚的および機械的コードを、直径38.30 mmのスチールケースのように細心の注意を払って再現しています。
8
1027日前

関連記事

トケマー 全体の取引 7割がロレックス
2017年1月にオープンした腕時計のCtoCマーケット「トケマー」。 「3つの安心」を掲げ、決済の安全性、匿名での売買に加え、当時他のサイトでは行っていなかった大黒屋の鑑定/検品サービスが特徴です。...

ロレックス 2022年 新作モデルのスペック・相場をチェック! <2022/6 掲載記事>
2022/06/10 Jenny 2275文字 今年3月末、ロレックスから新作が発表されました。5月〜6月になると新作のデリバリーが本格的に始まり、そして二次流通市場に出回り始めました。まだ出回りが少ない分相場が読みづらいモデルではございますが楽しみですね。...

平成最後だし、どうしてもロレックスが欲しい・・・<時計怪獣 WatchMonster 2018/12 掲載記事>
2018/12/18 yusapapa 平成最後の今年、30年という節目に、どうしてもロレックスが欲しい、なんて人もいるのではないでしょうか。人気のスポーツモデルについては、正規店での購入は絶望的なので、今回は充実ラインナップのトケマーから厳選したおすすめ時計を紹介していきます。...

【完全保存版】2020年 最新 ROLEXスポーツモデル定価表! <時計怪獣 WatchMonster 2020/2 掲載記事>
2020/2/15 Black monster 2020年1月からロレックスの定価が上がりました。以前とは違い公式HPにも記載されているのですが、一部モデルでは掲載されていないものもあります。HPには記載されていないものまで定価表を作成したので参考にどうぞ。

【プアマンズGS】セイコーメカニカルの定番モデル「SARB033」をレビュー <時計怪獣 WatchMonster 2017/8 掲載記事>
2017/8/30 くろ ロングセラーモデルとして国内外問わず根強く支持されているセイコーメカニカル「SARB033」。安価な割に堅実な造りから「プアマンズGS(グランドセイコー)」とも呼ばれる人気モデルを手に入れたのでレビューしてみます。

【NATOストラップ】夏ロレックスはナイロンストラップでキマる <時計怪獣 WatchMonster 2016/6 掲載記事>
2016/6/17 とひのかな 夏の定番ロレックスといえばサブ?ヨット?そんな事はあたりまえだろ?大事なのはストラップがナイロンなのか?って事