BRANDから探す
BRANDから探す

SEIKO / セイコーの記事一覧へ


セイコー アストロンの凄さを改めて評価してみた 【アストロン新旧比較】<2017/5 掲載記事>

2017/5/3



2012年に世界初のGPS搭載腕時計として登場したアストロン。モデルチェンジを繰り返し常に進化するアストロンの凄さを再考します。セイコーアストロンを評価!



アストロン|セイコーウオッチ (130897)

アストロンの歴史

2012年GPSを搭載した腕時計としてアストロンが発表されました。

私はそのころやっと機械式時計に興味が出始めたころだったので、正直おっきい時計だなーぐらいにしか感じなかった記憶があります。笑。
確か新宿の正規店でアストロンについてスタッフの方が熱い思いを話してくれたのですが、そこまで響いてなかったと思います。スイマセン…。笑。

ただ、今となってはセイコーの技術力に感銘を受けるとともに、ジャパンブランドの凄さを知ることができる時計と言えるのではと思います。
そもそも、アストロンとは1969年に世界初のクォーツウォッチとして「クォーツアストロン」が発表されたことから始まります。

この、クォーツアストロンがそれまでの時計業界の常識をガラリと変えたのは有名な話です。
それまで機械式時計は高級なものとして扱われていました。

セイコーがクォーツ時計を発表すると共に腕時計の価格は下降の一途をたどりスイスの時計業界に「クォーツショック」を引き起こしたのです。
同時期にゼニスの顔とも言えるエル・プリメロが誕生し一度製造がお蔵入りした話や、様々な名門ブランドが消滅、合併して言ったのは有名な話です。
クォーツアストロンが誕生してから43年後、セイコーは「GPSソーラー」搭載の「ASTRON」を発表することになりました。
アストロン SBXB003の製品詳細|セイコーウオッチ (130906)

2012年 初代ASTRON誕生

2012年初代GPSソーラー搭載腕時計ASTRONが発表されました。

初代アストロンを7Xシリーズと書かせていただきます。

GPS機能で時刻を修正するソーラー腕時計は世界でも初のものとなりました。
文字盤がソーラーパネルとなっている為、1日に1回自動で時刻修正をしてくれます。

時計内部には「リングアンテナ」が入っている為、移動中やどんな姿勢差でも受信可能なシステムとなっています。

時計が太陽光に当たらない時でも、前回受信に成功した時刻に自動受信が可能となる、優れた機能も搭載。
この、GPS受信という部分が非常に大変だったと言われています。

ソーラー電波と比べ、受信に必要な電力は数百倍です。

「省電力化×小型化」開発したセイコーエプソン塩尻事業所の方々は非常に大変だったでしょう…。
アストロン SBXB099の製品詳細|セイコーウオッチ (130918)

2014年 小型化の成功

2014年に8Xシリーズとして新型のアストロンが登場しました。

様々な部分で小型化、そして軽量化されています。
7Xシリーズの無骨な荒々しさがなくなりだいぶシャープな印象に変わったと言えます。

下記が大きく変わった部分となります。
7Xシリーズ→8Xシリーズ 変更点
・厚さ3.2㎜減
・リングアンテナ2.5㎜減
・モジュール半分に初電力化成功
・バッテリー30%のサイズダウン

これだけでも多くの部分の小型化に成功したと言えるでしょう。
ちなみにリングアンテナとはベゼルの内側に搭載された円状のパーツとなります。

セラミック部分の下に内蔵されていますね。
受信感度を保つにはセラミックがベストと言われています。

造形美としてでなく、機能美としてセラミックが使用されていることは非常に珍しいですね。
サブマリーナのベゼルやシャネルのJ12にはセラミックが使用されています(J12はほぼセラミックですが…)

これは硬度を高めるのもありますが造形美の部分とも言えます。

セラミックを機能美として使用しているブランドは多くないです。
今年の3月にバーゼルで発表されたモデルは、より軽量化が進んでいます。

厚みもより一層薄くなっています。


進化し続けるSEIKO

アストロン|セイコーウオッチ (130942)

SEIKOはグランドセイコーやアストロンシリーズ、プロスペックスシリーズ、プレサージュ、ガランテ、クレドール、ルキア、アルバ。

数えきれないほどの様々なモデルを世に送り出しています。
その中でもスプリングドライブやGPS搭載等、他の時計メーカーとは別の切り口で時計業界を牽引していると言えるでしょう。

現在では時計がコモディ化しているので、雑貨屋さんの時計や100均でも素晴らしい時計が多く存在しています。
ただ、高級時計には高級な理由があります。

常にメーカーの職人さん達が熱い思いを胸に、より良いものを造ろうと試行錯誤しているのです。
腕時計がコモディティ化している今だからこそ日本の素晴らしい時計を腕に付けてみたらどうでしょうか。
あーこの記事を書いていたらアストロンが本当に欲しくなってきました。

初期のSBXA009のカラーリングと無骨な雰囲気が好きだから買おうかなぁ。

でも、パネライ買ったばかりだからなぁ。

怒られるかなぁ。

最後は独り言になってしまいましたが、それではまた。

関連するみんなの投稿

ミリオネア
スプリングドライブの白樺モデル✨
SLGA009 文字盤が繊細で惚れ惚れしてしまいます。
4
7日前
腕時計はロマン
グランドセイコー
創業140周年記念限定モデル
エボリューション9コレクション SLGA007
琵琶湖の湖面をイメージした水面(みなも)ダイアル。ダイアルの美しさに溺れてしまいそう。一目惚れ。
5
1
9日前
ミリオネア
アストロン大谷翔平 2022 限定モデル
SBXC115。今年も凄い活躍ですね✨
5
9日前
ZENMAIのココ東京
【2022年新作】復活キングセイコー
“KSK” 復刻デザイン 37mm
レギュラーモデル全5機種 198,000円
3
121日前
ZENMAIのココ東京
セイコー5スポーツ
SBSA147
鉄腕アトム / BAITコラボレーション限定モデル
53,900円 (税込)
数量限定 2,000 本
2021.10 発売予定
6
233日前
ZENMAIのココ東京
セイコー5
堀米雄斗限定モデル
SBSA161
[ キャリバー4R36搭載 ]
49,500円 (税込)
数量限定 350本
2021年10月15日 発売予定
6
233日前

関連記事

【ご夫婦さん必見】憧れのペア腕時計 記念日にカップルで選ぶ腕時計~ベスト3! <時計怪獣 WatchMonster 2017/2 掲載記事>
2017/2/22 MARUKOME 30代夫婦が憧れるペア腕時計ベスト3をご紹介致します!色々なブランドがある中、今回ご紹介するブランドはドラマ等でTV露出が最近多い『TIFFANY&CO』元祖デカ厚腕時計ブランド『OFFICINE PANERAI』。...

【ロレックス】クールビズに合わせたい腕時計のご紹介 <時計怪獣 WatchMonster 2018/5 掲載記事>
2018/5/30 MARUKOME さぁいよいよ梅雨に入りますね。 各企業はクールビズ期間に入っているでしょう。 筆者は某都内で勤務しておりますが、電車の中ではYシャツ一枚で会社へ通勤しているサラリーマンが圧倒的に多いです。...

【新入社員向き】サラリーマンにおすすめな腕時計ベスト3 <時計怪獣 WatchMonster 2017/3 掲載記事>
2017/3/23 MARUKOME もうすぐ4月になりますが、新入社員の皆さんは腕時計をお持ちでしょうか?まだ購入してない方向けに今回はおすすめの3本をご紹介致します。

【2019年4月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! GMT-MASTER編 <時計怪獣 WatchMonster 2019/4 掲載記事>
2019/4/23 サウスポー...

ロレックス、耐久性の高い高級時計~ロレックスの凄さが分かる <時計怪獣 WatchMonster 2017/6 掲載記事>
2017/6/23 ロレックス愛好家や購入される方は何を基準に選ぶのでしょう?僕が考えるロレックスは、屈強で耐久性の高い時計である事で、それが他のメーカーには無い特徴です。ロレックス社も当然、それを認識、意識して製造販売している筈です。

【2019年!】今年こそ!ロレックス正規店でスポーツモデルを買いに行こう!『前半』 <時計怪獣 WatchMonster 2019/1 掲載記事>
2019/1/27 はなすけ 2018年はロレックス正規店でスポーツモデルを買えなかったので、今年こそはとリベンジに燃えている感じです。