BRANDから探す
BRANDから探す

CARTIER / カルティエの記事一覧へ


世界初の歴史ある時計!サントスの伝統と進化 <2021/11 掲載記事>

2021/11/8 聖徳太子

世界初の言われているカルティエ「サントス」

こちらの魅力について書かせていただきます。

サントスはカルティエが最も力を入れているウォッチコレクションといっても過言ではなく、時代と共に進化し続けている時計コレクションです。


via:https://www.cartier.jp

ルーツは3代目ルイ・カルティエにブラジルコーヒー王の息子アルベルト•サントスドゥモンという人物が、飛行機のための時計が欲しいと言ったところから始まります。

そこで生まれたのがサントス・ドゥモンです。

角に丸みを持たせた正方形のデザイン。それを留める8つのビス。このビスは飛行機のパーツを繋ぐネジから着想を得たとのことです。

このビスはカルティエのなかでもアイコニックな存在になっていますね。

青焼の針、アールデコ調のローマインデックス、レイルウェイとここで今にも続く伝統的なデザインコードが確立します。

素材はイエローゴールドやプラチナなど高級素材を使用し、ジュエラーらしい華美な印象の時計が生まれました。

70年代に入ると、オーデマピゲのロイヤルオーク、パテックフィリップのノーチラスなどステンレススチールを用いたラグスポがトレンドとなります。

その時代の流れに対して、カルティエが目をつけたのがサントスです。

デザインにリューズガード、7角形のリューズを持たせました。

またビスモチーフを大きくし、クラシカルからスポーツのエッセンスを追加しました。

素材もゴールド、ステンレスのコンビモデルを採用。カルティエらしいラグスポがここに表現されています。

87年になると名前を「サントス」から「サントス•ガルべ」に変更。ガルべとはフランス語で曲線という意味があり、ケースを湾曲させ、フィット感を高めました。

04年にはサントス100周年ということでサントス100を発表。

時代はパネライを筆頭とした、デカ厚ブーム。ここでカルティエはサントス100にはベゼル、ビスを大きくし、ケースも厚くサントス・ガルべより湾曲させました。

カルティエらしいラグジュアリー感を残しながら、トレンドのボリューム感を追加していく。時代をカルティエらしい解釈で発表していくのが、カルティエの核心部分なのかなと思います。

2018年にはサントス•ドゥ•カルティエをローンチ。これはサントス•ガルべを想わせる曲線美を表現したもので、新たなアップデートもされています。

また、クォーツの時計も発表され、

サントス100と比べるとベゼルデザインがシャープに湾曲されております。これによりモダンな雰囲気が醸し出されました。

機能としてクイックスイッチというネジ要らずのブレス取り替えシステムを搭載。

これによってシーンによってブレスを簡単に付け替えることができます。

19年にはサントス•ドゥモンが刷新して発表されました。

こちらからもクォーツのモデルをリリース。

これはサントス•ドゥモンのオリジナルに回帰したモデルです。リューズガードを廃し、ケースもできるだけ薄くなりました。これによってドレッシーな雰囲気に昇華されました。


via:https://www.cartier.jp

カルティエのの魅力のあるサントスシリーズ。

伝統を大事にトレンドをし続けるカルティエを体現したシリーズです。

カルティエの相場はどんどん上がっております。

カルティエの名作シリーズ、特に歴史のあるサントスはカルティエのスピリッツが詰まった魅力溢れる時計シリーズです。

これを機にお手に取ってはいかがでしょうか?

ではまた。

関連記事

革新的なデザイン性!フランクミュラー トノウカーベックスについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/24 聖徳太子 フランクミュラーの歴史は25年程と腕時計の業界的には新鋭ブランドに入ります。 しかしながら、革新的なデザインで瞬く間に地位を確立し、著名人も多く着ける一流ブランドとして健在しております。 今回はブランドのアイコンともいえるトノウカーベックスについてご紹介いたします。

人気急増!再注目を浴びるデザインウォッチ!パシャ ドゥ カルティエについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/21 聖徳太子 カルティエ パシャ といえば独特な形状で、高いデザイン性を持った防水ウォッチでしたが、一度2016年に廃盤となっておりました。 しかし、2020年リニューアルして「新生 パシャ ドゥ カルティエ」として復活を遂げました。

回転ベゼルを持つ異色なデイトジャスト!サンダーバードについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/17 聖徳太子 ドレスウォッチのロレックス デイトジャストをベースとし、スポーツウォッチように目盛と数字が入った回転ベゼルが採用されている「サンダーバード」。 この異色な組み合わせを持つ腕時計の魅力をご紹介できればと思います。

本格派アールデコ調タイムピース!ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945 <2022/1 掲載記事>
2022/01/13 聖徳太子 ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945はアールデコ調をベースとしたブランドの歴史を感じられる時計です。 今回は現代風に解釈したこちらの時計の魅力をご紹介できればと思います。

完成されたシャネルの定番!J12について <2022/1 掲載記事>
2022/01/06 聖徳太子 シャネルのアイコンとも言えるJ12。 セラミックを使った腕時計の先駆けとして登場し、20年以上にわたって大きくデザインを変えず、健在し続けております。 今回はシャネル J12の名作となる経緯と進化についてご紹介いたします。

グレーに輝く異質なライン!J12クロマティックについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/05 聖徳太子 シャネルのアイコン腕時計「J12」といえばブラックかホワイトのセラミックを使用した時計が一般的です。 それとは一味違った独特の素材を使ったシャネルJ12クロマティックについて今回はご紹介いたします。