BRANDから探す
BRANDから探す

OMEGA / オメガの記事一覧へ


【時計雑誌を読み返す3】 ロレックス不在の時計グランプリ

2016/12/12


時計Beginの恒例企画、おいしい時計グランプリ。今回は1994年12月。時計ファンの裾野を広げるべく、グランプリにロレックスの名は見当たらない。果たして、この時代のトレンドは?昔の時計雑誌を読み返す企画、第三弾。


 (87978)

1994年12月の時計事情

昔の時計雑誌を読み返す企画、今回もおなじみの「時計Begin」からVol.4を中心に書いていこうと思う。
「時計Begin」と言っても、当時はまだ、本誌Beginの臨時増刊号扱いで、名前も「おいしい時計まるかじり Vol.4」となってはいるが。
今回のそれは1994年12月のもので、この年はF1パイロットのアイルトン・セナが事故死した年でもあり、また年が明けて1月には阪神淡路大震災が発生している。

22年も経つのか。

おいしい時計グランプリ

さて雑誌の方に目を移すと、今回の特集は「おいしい時計グランプリ」
各部門に時計を分けてそれぞれで賞を決めるというもの。これは今でも時計Beginで続いている名物企画である。
せっかくなので今回はこの年にどんな部門でどの時計が受賞したのか振り返っていきたいと思う。

【名門シンプルウォッチ部門】

ジラール・ペルゴのGPフラットが受賞

間違いなくスーツに合いそうな一本。当時の価格はSSケースで27万円となっており、買える、買えないは別として、今となってはお手頃感が漂う。この質感でこの値段は、今となってはもう無理だと思う。
 (87986)

【クロノグラフ部門】

オメガ デ・ビル プレステージ・クロノグラフが受賞

今でも続くロングセラーモデル。飽きのこないシンプルなデザインはレザーストラップが似合うので、こちらもスーツの方が映えるか。
オメガ・ウォッチ: ヴィンテージ ディテール (89448)

ただ、ノミネートにあったゼニスのプライムが個人的にはツボである。アラビア数字が好きなので、見ていてとても欲しくなってくる。

【ダイバーズ部門】

ポルシェ・デザイン オーシャン2000が受賞

この頃のポルシェ・デザインは、服装などオシャレに気をつかう人たちがよくつけていた。文字盤にある「by IWC」のロゴも実にかっこよいではないか。


【角型時計部門】

マーヴィン カレ・スティールが受賞

派手さはないものの、歴史もあり、日本では知る人ぞ知るブランド、マーヴィン。現在の取扱店を見ても、いわゆるしっかりとした時計店ばかりである。それをグランプリにもってくるあたりがなかなか憎い。
 (87989)

【トノー形時計部門】

カルティエ トノー

トノーという言葉も、この少し前あたりくらいから聞かれだした言葉で、この後完全に定番と化していくことになる。代表的なのは、やはりフランク・ミュラーか。


【パイロットウォッチ部門】


ブライトリング ナビタイマー・エアボーン

パイロットというと、やはりブライトリングやIWCのイメージが強い。

個人的には自らが所有していることもあり、ノミネートされていたIWCのメカニカルフリーガークロノが好みではあるが。どちらもアラビア数字。
 (89508)

【超複雑時計部門】

ユリス・ナルダン プラネタリウム・コペルニクス

このあたりになってくると少し現実離れしてきて、腕時計と呼んでいいのかどうか分からない世界に入っていくことになる。ノミネートされていたブランパンの1735は誌面では価格未定となっていたが、後に9000万円の値がつけられ受注生産されていたと思う。

ほかにもあるが、あまりにもマニアックなので、このあたりにしておこう。

まだまだ続く、ポストロレックスの発掘

この号でも、ジラール・ペルゴの特集が組まれていて、なかなかに購買意欲をそそるものが目白押しだ。

実際こういった記事を目にすることで、色々なブランドに食指が動く人もいるのではないか。ロレックスだとモデル数も少ないし「人と同じなのは嫌だ」なんて考えだしたユーザーは、もしかしたらまだ知人で誰も身につけていないようなブランドに思いがいくかもしれない。

そういったブランドとしてIWCやブライトリング、ジラール・ペルゴなどは少なくともこの頃に時計に興味を持ち始めた我々の世代では受け入れられてきたように思う。


まとめ

時計をグランプリ形式で紹介していくことで、ロレックス以外にも魅力的な時計がスイスにはたくさんあるということを知った読者も、この頃には多くいたのではないだろうか。

また逆にロレックスがほとんどノミネートにすら入っていないことに、違和感を覚えた人も多かったかもしれない。

ただこのようなロレックス以外のブランド時計は、地元に昔からある大きな専門店や百貨店の時計サロンに行けば、当時でも実際に見ることはできた。

一般的にはまだまだマイナーな趣味だったかもしれないが、確実に時計ファンは増えていったのである。


関連するみんなの投稿

tky
2020年に発売されたOMEGA「シルバー スヌーピー アワード」50周年記念モデル。
9時位置の可愛らしいスヌーピーとベゼルやインダイヤルの少し暗いブルーが宇宙を感じさせていて印象的です。クロノグラフを起動すると裏蓋に宇宙旅行中のスヌーピーが現れるというユニークなモデル。
9
27日前
yasukun
2022年新作オメガΩシーマスター
グリーン文字盤がかなり渋い!
今年人気のグリーン入荷しました。
6
27日前
tky
オメガ スピードマスター プロフェッショナルです!

火曜日ということでスピーディチューズデー!
6
29日前
ZENMAIのココ東京
#speedytuesday

火曜日はスピードマスター!
8
1
30日前
tky
オメガ スピードマスター プロフェッショナルです!

夏の日差しを浴びて輝いて見えます!
8
33日前
tky
オメガ スピードマスター プロフェッショナルです!

ブレスレットがサテン仕上げとポリッシュ仕上げの2本のラインを組み合わせていてとても精巧さを感じます!

使用しているとしょうがないことですがポリッシュの部分は傷が目立ちますね…
大事に長く使っていきたいです!
7
34日前

関連記事

ロレックス 2022年 新作モデルのスペック・相場をチェック! <2022/6 掲載記事>
2022/06/10 Jenny 2275文字 今年3月末、ロレックスから新作が発表されました。5月〜6月になると新作のデリバリーが本格的に始まり、そして二次流通市場に出回り始めました。まだ出回りが少ない分相場が読みづらいモデルではございますが楽しみですね。...

平成最後だし、どうしてもロレックスが欲しい・・・<時計怪獣 WatchMonster 2018/12 掲載記事>
2018/12/18 yusapapa 平成最後の今年、30年という節目に、どうしてもロレックスが欲しい、なんて人もいるのではないでしょうか。人気のスポーツモデルについては、正規店での購入は絶望的なので、今回は充実ラインナップのトケマーから厳選したおすすめ時計を紹介していきます。...

渋くて安い!今狙うなら旧型シーマスター!【レビュー&販売情報】<時計怪獣 WatchMonster 2018/10 掲載記事>
2018/10/26 心 ロレックスのほぼ全メンズモデル、PPのノーチラス&アクアノート、APのロイヤルオーク、そしてオメガのスピマス系と相場の高騰が凄いですよね。なら狙うはシーマスでは?!

【完全保存版】2020年 最新 ROLEXスポーツモデル定価表! <時計怪獣 WatchMonster 2020/2 掲載記事>
2020/2/15 Black monster 2020年1月からロレックスの定価が上がりました。以前とは違い公式HPにも記載されているのですが、一部モデルでは掲載されていないものもあります。HPには記載されていないものまで定価表を作成したので参考にどうぞ。

【プアマンズGS】セイコーメカニカルの定番モデル「SARB033」をレビュー <時計怪獣 WatchMonster 2017/8 掲載記事>
2017/8/30 くろ ロングセラーモデルとして国内外問わず根強く支持されているセイコーメカニカル「SARB033」。安価な割に堅実な造りから「プアマンズGS(グランドセイコー)」とも呼ばれる人気モデルを手に入れたのでレビューしてみます。

【NATOストラップ】夏ロレックスはナイロンストラップでキマる <時計怪獣 WatchMonster 2016/6 掲載記事>
2016/6/17 とひのかな 夏の定番ロレックスといえばサブ?ヨット?そんな事はあたりまえだろ?大事なのはストラップがナイロンなのか?って事