BRANDから探す
BRANDから探す

OMEGA / オメガの記事一覧へ


オメガ スピードマスター 相場の上昇が止まらない。 <2021/11 掲載記事>

2021/11/29 Black monster

昭和のサラリーマン三種の神器の一つと言われたオメガ スピードマスター。

いつの間にかどのモデルも相場が上昇し簡単に買える価格じゃなくなりました。


出典 https://www.omegawatches.jp/

【スピードマスター定番モデル】

スピードマスターと聞くと時計好きな方なら大きく分けて二つのモデルを想像する方が多いかと思います

自動巻き(AT)のタイプ。手巻き(HW)のタイプ。

この2タイプです。

自動巻きの方は一般的にリデュースド(REDUCED)なんて呼ばれ方をしていますね。

以前このモデルは豊富なラインナップが存在していました。

Ref.3510.50から派生したシューマッハ限定モデルや丸井限定モデルなんかが有名ですね。

2000年前後に比較的多くのモデルが発売され、10万円代でも新品で購入が可能な時代でした。

その後は後継機種として3539.50が登場。

プラスチック風防からサファイアクリスタルに改良等、様々な面でグレードアップしています。

手巻きの方はプロフェッショナル(PROFESSIONAL)通称スピマスプロです。

サイズは42㎜となりリデュースドの39㎜と比べると一回り大きいですね。

こちらのモデルの方が一般的にはスピードマスターの系譜を継ぐモデルと言われ人気もこちらに軍配が上がります。

1990年前後からの個体が二次流通では多く、プラスチック風防のシースルバーックではないモデルとなると下記のような系譜となります。

【3590.50】→【3570.50】→【311.30.42.30.01.005】→【310.30.42.50.01.001】

細部の変更はそれぞれあるもののサイズや基本スペックは大きく変わっていないですね。

デザインとしてはほぼ完成されたモデルと言えるのかもしれません。



出典https://www.omegawatches.jp/

【価格推移】

今回はスピマスプロの価格推移を見ていきたいと思います。

10年ほど前はRef.3570.50が定番のモデルと言えました。

中古市場では20万円前後で付属品が揃った良個体が十分に購入できました。

その後2014年頃から後継機種としてRef. 311.30.42.30.01.005が登場。

型番が急に長くなったなと思った記憶がございます。

定価は3570.50と比べ約10万円ほど上がりました。

付属品もここでかなり豪華になっています。

キズ見やストラップが付属品として追加され、何より箱がかなり大きくなりました。

2015年前後の二次流通では30万円前後で購入が可能でしたね。

2021年となりRef.310.30.42.50.01.001が登場。

ここで、また定価がグッと上がりましたね…。

定価はついに70万円代となりました。

2021年に到達するまでに相場は右肩上がりとなっていましたが、現在の二次流通相場は60万円前後。

10年でほぼ3倍の価格となっています…。

今後、国内定価は下がることはまずないと考えられます。

逆に上昇の可能性は十分に考えられますが…。

円安ドル高等様々な要因が考えられますが今後もじわじわと相場は上がっていきそうですね。

早めに良個体を抑えておいた方がいいかもしれません。

それではまた。

関連するみんなの投稿

ZENMAIのココ東京
#speedyjapan

火曜日

#speedytuesday #omegawatches #speedmaster #speedmasterprofessional #ultraman #speedy
#時計怪獣集まれ #スピードマスター
6
111日前
ZENMAIのココ東京
#speedyjapan

火曜日

#speedytuesday #omegawatches #speedmaster #speedmasterprofessional #ultraman #speedy
#スピードマスター #スピードマスタープロフェッショナル
6
119日前
ZENMAIのココ東京
火曜日

#speedytuesday #omegawatches #speedmaster #speedmasterprofessional #ultraman #speedy
#時計怪獣集まれ #スピードマスター #スピードマスタープロフェッショナル #ウルトラマン
7
126日前
大黒屋ブランド館上野アメ横店
スピードマスター丸井限定Ref.3510.21入荷しました!
10
161日前
ZENMAIのココ東京
火曜日

#speedytuesday
8
161日前
ZENMAIのココ東京
昨夜の中居くんの五輪番組
上野投手はオメガからのプレゼント

SEAMASTER PLANET OCEAN 600M
コーアクシャル マスター クロノメーター 39.5mm
東京 2020 リミテ⁠ッド エデ⁠ィシ⁠ョン

でしたね
9
161日前

関連記事

革新的なデザイン性!フランクミュラー トノウカーベックスについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/24 聖徳太子 フランクミュラーの歴史は25年程と腕時計の業界的には新鋭ブランドに入ります。 しかしながら、革新的なデザインで瞬く間に地位を確立し、著名人も多く着ける一流ブランドとして健在しております。 今回はブランドのアイコンともいえるトノウカーベックスについてご紹介いたします。

人気急増!再注目を浴びるデザインウォッチ!パシャ ドゥ カルティエについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/21 聖徳太子 カルティエ パシャ といえば独特な形状で、高いデザイン性を持った防水ウォッチでしたが、一度2016年に廃盤となっておりました。 しかし、2020年リニューアルして「新生 パシャ ドゥ カルティエ」として復活を遂げました。

回転ベゼルを持つ異色なデイトジャスト!サンダーバードについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/17 聖徳太子 ドレスウォッチのロレックス デイトジャストをベースとし、スポーツウォッチように目盛と数字が入った回転ベゼルが採用されている「サンダーバード」。 この異色な組み合わせを持つ腕時計の魅力をご紹介できればと思います。

本格派アールデコ調タイムピース!ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945 <2022/1 掲載記事>
2022/01/13 聖徳太子 ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945はアールデコ調をベースとしたブランドの歴史を感じられる時計です。 今回は現代風に解釈したこちらの時計の魅力をご紹介できればと思います。

【腕時計レビュー】個性派スピードマスター オメガ マーク40 AM/PM Ref.3520.53 <2022/1 掲載記事>
2022/1/12 Black monster こんにちは。 今日はオメガのスピードマスターオートマティック トリプルカレンダーマーク40をレビューしていきたいと思います。

完成されたシャネルの定番!J12について <2022/1 掲載記事>
2022/01/06 聖徳太子 シャネルのアイコンとも言えるJ12。 セラミックを使った腕時計の先駆けとして登場し、20年以上にわたって大きくデザインを変えず、健在し続けております。 今回はシャネル J12の名作となる経緯と進化についてご紹介いたします。