BRANDから探す
BRANDから探す

TAG HEUER / タグホイヤーの記事一覧へ


タグホイヤー、ゼニス、ブライトリング、デパートで時計を買うメリット <時計怪獣 WatchMonster 2019/12 掲載記事>

2019/12/24



休日の梅田に時計巡りの旅に出て行きました。年末商戦真っ盛り、時計売場も賑わっていると思いきや、意外に売場は閑散としていたのでびっくり。平日の雨模様の天気では仕方ありません。しかし僕にとってはゆったりと見れる絶好の時計探索日和です。その中でも目を引いたモデルたちを紹介します。


梅田の腕時計ショッピングはデパートが主役

さてデパートのイメージはこんな感じでしょうか。皆さんは腕時計をどこで購入しますか。近年はネット販売が主流です。しかしできるものなら腕時計は実際に腕につけてから購入したいものです。
僕が住んでいる大阪の腕時計ショッピングは大きく、梅田エリア、難波心斎橋エリアに分かれます。難波心斎橋エリアは直営店の路面店が多く並ぶのが特徴です。
@goro (227659)

via @goro
難波心斎橋エリアは近畿南部との玄関口になります。それに対して、大阪梅田エリアは交通の要衝です。阪急、阪神、JR、さらに新大阪の新幹線も含め、多くの鉄道の駅が集まるエリアになります。
このように大阪梅田エリアは東日本や西日本へのハブ機能を持つ重要な交通の要衝です。そのため西日本の玄関口と呼ばれるようになりました。
駅とオフィス、ショッピングエリアが限られたエリアに集結するため路面店が少ないエリアです。また商店街は高級ブランド店が少なく、デパートやファッションビルに多く展開しています。

大丸、阪急、阪神、腕時計購入でおすすめ店は?

大阪らしいデパートといえば阪神百貨店です。そして阪急百貨店は東京にもあり知名度が高いですよね。しかし僕は時計だけで選べば大丸梅田店が一番おすすめです。
ロレックス、オメガ、IWC、ゼニス、タグホイヤー、などブランドが多いことが特徴です。またひとつひとつのブースが広いことも好感が持てます。

タグホイヤーはキャンペーン中

 (227667)

ロレックスやオメガのスペースが大きいのはどのデパートでも一般的です。しかし大丸はこのタグホイヤーの売場も存在感があります。
独立した広いブースを確保している大丸のタグホイヤー売場は上のモナコを一押しでディスプレイ中です。「買う」オーラを出していない僕にもわざわざモナコを店員さんは棚から出してくれました。
ちょうどタグホイヤーはキャンペーン中だったことも私に商品を出してくれた理由でしょう。大丸カード会員に対して15%引きとワインディングマシーンをプレゼント中でした。
タグホイヤーは前回の記事で書いたように、日本限定モデルを投入中です。メーカー売場一体となってセールスに注力していることを感じ取れました。

腕時計のデパート購入にはメリットがある

最近僕はデパートの時計売場に魅力を感じています。その理由は意外にメリットが多くあるからです。例えばメーカーのオリジナルノベルティを優先的に貰えることやデパートのクレジットカードの優遇があるからです。
その他にもデパートの時計売場は商品ラインナップが充実しています。また最近はデパートだけに限定品を卸すブランドもあります。並行店のような売れ筋のみということはほとんどありません。


支払いのメリットも見逃せません。デパートのクレジットカード会員には分割手数料0円キャンペーンも期間限定で実施しています。
カードに付くポイントもデパートで購入する商品は割増があります。デパート以外だと付与率が0.5%に対しデパートの商品は5%と10倍になります。
例えば50万円の腕時計を購入した場合2万5千円のポイントが付与されます。一般の買物でカードのポイント付与率は0.5%です。先ほどのタグホイヤーのように特別割引に5%上乗せできるのと思えばかなりお得感があります。
ただし大丸はポイント付与率の割増に対してロレックスなどの人気ブランドは対象外にしています。必ずクレジット会社の最新情報を確認してから購入してください。

デパートでロレックス購入はメリットが無いかも

 (227724)

これまでロレックス購入といえばデパートでの時計売場が定番でした。しかし、ここ数年の人気モデルの品薄状態で、デパートでの購入メリットは徐々に少なくなっています。そして決定打がこの前発表された特定モデル購入時の身分証明書提示です。
また前述のクレカのポイント割増も除外になります。そのためデパートにおけるロレックス購入は在庫不足が解消されない限りメリットはありません。

ロレックス以外のブランドはお得感がある

以前よりデパートでのショッピングは敷居が低くなっています。20年程前は上客のみに優遇をしてきたデパートは顧客層を拡大中です。さまざまな特典を用意して、買い物を快適にするための施策を充実させています。
デパ地下やファッションブランドの拡充が最たる例です。高級路線から上質なカジュアルへの転換はデパートの新たな道として注目されています。僕は時計売場にもその風は来ていると感じます。ブランド数の拡充がその一例です。
ロレックスやオメガ以外の実力あるブランドも積極的に展開しています。これは人気ブランドしか並べない並行店には無い魅力です。自分だけのお気に入りブランドもデパートでは見つかる可能性があります。

今年は何度もデパートの時計売場に足を運びました。間違いなく、商品数も増えてさまざまな優遇策で以前より買いやすくお得感が出ています。ぜひ皆さんも特にロレックス以外のブランドをデパートで、注目してください。

関連するみんなの投稿

ZENMAIのココ東京
マリオとタグホイヤーがコラボレーション
7
1
195日前
ZENMAIのココ東京
TAG HEUER Only Watch Carbon Monaco
CBL2191.FC6507
ホイヤーキャリバー02
金属製のブレスレットを思わせるハンドメイドレザー
8
207日前

関連記事

革新的なデザイン性!フランクミュラー トノウカーベックスについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/24 聖徳太子 フランクミュラーの歴史は25年程と腕時計の業界的には新鋭ブランドに入ります。 しかしながら、革新的なデザインで瞬く間に地位を確立し、著名人も多く着ける一流ブランドとして健在しております。 今回はブランドのアイコンともいえるトノウカーベックスについてご紹介いたします。

人気急増!再注目を浴びるデザインウォッチ!パシャ ドゥ カルティエについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/21 聖徳太子 カルティエ パシャ といえば独特な形状で、高いデザイン性を持った防水ウォッチでしたが、一度2016年に廃盤となっておりました。 しかし、2020年リニューアルして「新生 パシャ ドゥ カルティエ」として復活を遂げました。

回転ベゼルを持つ異色なデイトジャスト!サンダーバードについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/17 聖徳太子 ドレスウォッチのロレックス デイトジャストをベースとし、スポーツウォッチように目盛と数字が入った回転ベゼルが採用されている「サンダーバード」。 この異色な組み合わせを持つ腕時計の魅力をご紹介できればと思います。

本格派アールデコ調タイムピース!ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945 <2022/1 掲載記事>
2022/01/13 聖徳太子 ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945はアールデコ調をベースとしたブランドの歴史を感じられる時計です。 今回は現代風に解釈したこちらの時計の魅力をご紹介できればと思います。

完成されたシャネルの定番!J12について <2022/1 掲載記事>
2022/01/06 聖徳太子 シャネルのアイコンとも言えるJ12。 セラミックを使った腕時計の先駆けとして登場し、20年以上にわたって大きくデザインを変えず、健在し続けております。 今回はシャネル J12の名作となる経緯と進化についてご紹介いたします。

グレーに輝く異質なライン!J12クロマティックについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/05 聖徳太子 シャネルのアイコン腕時計「J12」といえばブラックかホワイトのセラミックを使用した時計が一般的です。 それとは一味違った独特の素材を使ったシャネルJ12クロマティックについて今回はご紹介いたします。