BRANDから探す
BRANDから探す

OMEGA / オメガの記事一覧へ


実際どうなの?ビンテージ オメガ コンステレーションC パイパンダイヤル オクタゴン シーマスターコズミック <2016/12 掲載記事>

2016/12/20


実際どうなの?ビンテージ オメガ コンステレーションC パイパンダイヤル オクタゴン シーマスターコズミック


アンティークってどうなんだ?古いものが良いものか?高いものが良いものか?最新の技術が本当に凄いのか?ビンテージウォッチ、とくにロービートは耳に心地よくゆっくりとした時間が流れます。今回は激安なビンテージウォッチとして人気があるオメガから4本のオールドオメガを見ていこうかと思います


 (92631)

ジェンタ・デザイン オメガ コンステレーションC Ref.168.029

 (92632)

1960年代にデザインされたオメガ コンステレーション Cライン(Cシェイプ)は名機クロノメーターキャリバー751自動巻きムーブメントを搭載しています。

故ジェラルド・ジェンタ氏によるデザインでコインエッジ・ベゼルはホワイトゴールド製。
ケースサイズ35mm、着けていても非常に軽くて「現役」で使えるナイス・ビンテージです。
安部マリオ!はオメガ・コンステレーションC 1964?

安部マリオ!はオメガ・コンステレーションC 1964?

安部総理もコンステレーションCをリオ五輪 閉会式にて着けていましたね。
 (92635)

中央から放射状に広がるシャイニーグレーが、とてもキレイです。

画像だと伝わりづらいのですが、とても魅力的です。

ケースのCラインがステキ。
現行機のコンステレーション・グローブマスターも良いですが、やはりオリジナル・ビンテージのコンステレーションCも非常に良いですね。
オススメできるビンテージ・オメガだと思います。
因みにグローブマスターのコインエッジ・ベゼルは超硬金属タングステン。現代的です。
 (92636)

この古いオメガマークの大きいバックルが大好きです。

現行モデルもこのくらい主張したバックルでも良い気がします。
 (92638)

こんもりしたプラスチック製のドーム風防が雰囲気たっぷり。
 (92639)

オロジナルブレスレットは、もうヨレヨレ(笑)。

凄いドーム風防ですね!クラウンもΩマークがあります。
 (92640)

オメガ製のブレスレットです。
 (92641)

天文台のレリーフ。
スクリューバックですが、防水性は無いものと考えた方が良いですね。
 (92643)

天文台にズーム!
 (92646)

拡大して見ましょう。

Ω OMEGAはアプライドになっています。
コスト掛けていますね。
クロノメーター表記が誇らしげです。

ドーム型のプラ風防はキズが付きやすいですね。
自分でも磨けますのでコスト的には掛かりませんけど、ヒビが入ったらスグ交換しましょう。
 (92647)

デイデイト機能が付いていて便利です。
 (92648)

コンステレーション・スター☆
 (92649)

インデックスに小さなトリチウム・マーカーが付いています。
 (92644)

Ωマークのクラウン
 (92650)

50年ちかく昔の時計ですが、未だにホワイトゴールド(ベゼル)に大きな変色がないのが凄いですね。
 (92645)

バックルのオメガマーク。
 (92651)

非常に格好良いです。
40代になった私には、このくらいの大きさ・重さ・ヤレ感がフィットしますね。
Cal.751は5振動より早めの5.5振動(毎時19800ビート)。
耳に充てるとチッチッチと小気味よく、ロービートを楽しめます。

ビンテージ相場は10万円ちょっとです。
スポーツモデルの時計をお持ちの方も、セカンドウォッチとしてコンステレーションCラインに挑戦してみてはいかがでしょうか?

オメガ 12角コンステレーション Cal.561 パイパンダイヤル Ref.168.004

 (92652)

MEISTERは宝飾店の名前だそうです。
ダブルネームなコンステレーションですね。

こちらも1960年のモデルで、12角の文字盤は通称「パイパン(パイ皿)」ダイヤルと呼ばれています。
コンステレーションの新作グローブマスターも同じ仕様の文字盤を採用していますね。
 (92653)

やはり古いモデルですので仕方ありませんが、文字盤には小さなプクプクと気泡のようなものができて「本物のパイ皿」の様な感じもします(笑)

サイズ感は33mmとコンパクトで良い感じです。
 (92654)

ライスブレスと呼ばれる、お米みたいなパーツのブレスレットはメッキなので「剥げ」が目立ちます。
 (92655)

こんもりとしたドーム風防。

色味はコンビネーションモデルですが、素材はステンレスです。
 (92656)

アプライドされたOMEGAロゴ。

こちらもクロノメーターです。
 (92658)

MEISTER(マイスター)はスイスの宝飾店。
 (92659)

植字されたバーインデックス。
 (92664)

枠付きのデイト表示。
 (92665)

ドーフィン針に夜光も無く、クラシカルで良い雰囲気ですね。

まぁ・・・文字盤の状態は非常に悪いと言えます(笑)。
それも「味」として捉えられる人向けのビンテージ・ウォッチです。
 (92660)

この頃のクラウンの形状と一致しないようですので、後付修理パーツかも知れません。
 (92661)

立体的な天文台モチーフ。
 (92663)

バックルのオメガマーク。

50年も経過した状態だからこそ!と胸を張ってこの状態を愛でましょう。
 (92667)

サイズ感はバッチリですね。
こちらも35mmくらいです。
ビンテージの雰囲気をライトに味わうには良いモデルです。
ストラップを良いものに変えれば、見違えるくらい高級そうな時計になるに違いありません。
Cal.561もクロノメーターキャリバー。
同じく5.5振動のロービートです。
ラグのカッティングなど素敵です。
う~ん、こっちも良いなぁ。
ビンテージ初心者の方、いかがでしょうか?

オメガ シーマスター コズミック Ref.166.022 Cal.565

 (92682)

コズミックと発音するのかコスミックと発音するのか。
1970年前後のモデルで、シーマスターのラインナップに入ります。

自動巻きムーブメントはコンステと異なり、クロノメーターキャリバーではありませんが、特筆すべきは「裏蓋」が無いモノコック(ワンピース)ケースだと言う点です。
ビンテージウォッチは、どうしても防水性が弱く日本など湿度の高い地域では死活問題になりかねませんが、モノコックケースで防水性の高いモデルは少しだけ安心ですね。
 (92683)

社外製(kreisler usa)の伸びるバンド(エクスパンション)が付いています。
このバンドも雰囲気があって良いですね。
腕の毛を噛みますけど(笑)
 (92684)

一風変わったケースの後ろ側。
 (92687)

型番166.022
オメガのシーホースと、WATERPROOFの刻印。
 (92685)

こんもりしたドーム型プラ風防。
 (92686)

クライスターのエクスパンションブレスもメッキですが、剥げちゃってます。

1/40 10KT RGP TOPS.
バンドの金メッキの厚みと金種の刻印がありますね。
 (92689)

アプライドなのは「Ω」マークだけ。
コンステレーションの方が格上だったのですね。
 (92690)

これもMEISTERとのダブルネーム。

トリチウムの「T」マークの記載。
細いハンドですが夜光が乗っています(もう光りません)。
 (92691)

より細かい目盛り。
シーマスターはコンステに比べ、実用的な時計ですね。
コンステも実用的ですがドレッシー、シーマスターはタウンユースと言うかスポーティな印象です。
 (92692)

オメガマークのクラウン。
 (92693)

どうでしょう?
ケースサイズは35mmアップとそこそこのサイズなのですが、ラグ幅が狭く華奢と・・・言うか頭でっかちに見えます。
ややアンバランス。
工夫してビンテージレザーのパイロットバンドなどを装着すれば結構格好良く着けられそうですね。
Cal.565はカレンダーの早送りが出来るノンクロノメータームーブメントです。

オメガのアンティークウォッチの中でも、激安で販売されていますので是非ご検討を。

オメガ 8角コンステレーション クォーツ Ref.198.0117 Cal.1342

 (92668)

様々なバリエーションのあるコンステレーションから、クロノメーター・クォーツを。
この独特な8角形が、ロイヤルオーク的で今見ると結構格好良いのでは?と思えてきます。

1980年前後のモデルですので、明らかにジェンタデザインをコピーしたような混沌としたユニークモデルですが、サファイアクリスタルを搭載するなどスペックはそこそこ。
Cal.1342はオメガのクォーツムーブメントです。
 (92669)

なかなか、どうして。
ビンテージの雰囲気がビンビンきますね。
 (92670)

ベゼルは18K無垢という贅沢なモデル。
八角形のボルトが乗っているような大胆なデザイン。
 (92671)

アプライドのロゴ。
高級モデルです。
 (92673)

Constellation
CHRONOMETER
QUARTZ
 (92675)

夜光のミニッツマーカーが植え字インデックスのフチに付いていますが「T」表記はありません。
 (92676)

40年近く前のモデルですが、バキっとエッジが立っています。
 (92677)

この頃のコンステ・クォーツには、こんな形のクラウンが付いています。
 (92678)

味・・・と捉えましょう。
 (92679)

ケース径35mmくらいですね。
いかがですか?

存在感はけっこうあります。
しかも当時は相当高級だったでしょうから、出回りも少なかったでしょう。
ビンテージショップで安く販売されていたらトライしてみても良いかも知れませんね。
SSモデルもありますのでご検討ください。

まとめ

 (92694)

下は3万円程度から購入可能なオメガのビンテージウォッチ。
オメガほど有名なスイスウォッチで、こんなに安価にビンテージ機械式時計が買えるなんて本当に素晴らしいですね。
いかんせん古いものですから状態が悪いものが多いと思いますので、「出会い」「タイミング」が大事です。
さらにメンテナンス費用の方が高くつくと思います。

それでも良い個体を選んで、メンテナンスをしながらロービートをゆっくり愛でる。
良い趣味かと。

現行機には無い味わいを楽しんでみませんか?

では!

関連するみんなの投稿

ショウ
スピードマスター 3211.32
日本限定500本
オメガのATはリーズナブルで値崩れもしにくいのが良い。
爽やか白文字盤は使い勝手も良く最高です。
1
2日前
ZENMAIのココ東京
#speedytuesday

火曜日はスピーディを投稿しよう!
3
3日前
腕時計はロマン
オメガ スピードマスター 日本限定 Ref.3510.82
Ref.3510.50 をベースに文字盤カラーを変更したこちらのモデル。20年前のモデルですが、令和の時代も活躍する時計です!うん、爽やか。
5
3日前
ZENMAIのココ東京
火曜日

#speedytuesday #omegawatches #speedmaster #speedmasterprofessional #ultraman #speedy
#時計怪獣集まれ #スピードマスター #スピードマスタープロフェッショナル #ウルトラマン
5
10日前
ミリオネア
オメガスウォッチ。続々と購入できている方が見受けられますが、店頭に毎日のように並んでるのでしょうか?気になります!
皆さまは何色が好みでしょうか??
5
14日前
小さな時計屋さん(渋谷店)
オメガシーマスター!!店頭で成約致しました!
またリクエスト等あったらおっしゃってください!
宜しくお願い致します!
3
17日前

関連記事

【ご夫婦さん必見】憧れのペア腕時計 記念日にカップルで選ぶ腕時計~ベスト3! <時計怪獣 WatchMonster 2017/2 掲載記事>
2017/2/22 MARUKOME 30代夫婦が憧れるペア腕時計ベスト3をご紹介致します!色々なブランドがある中、今回ご紹介するブランドはドラマ等でTV露出が最近多い『TIFFANY&CO』元祖デカ厚腕時計ブランド『OFFICINE PANERAI』。...

【ロレックス】クールビズに合わせたい腕時計のご紹介 <時計怪獣 WatchMonster 2018/5 掲載記事>
2018/5/30 MARUKOME さぁいよいよ梅雨に入りますね。 各企業はクールビズ期間に入っているでしょう。 筆者は某都内で勤務しておりますが、電車の中ではYシャツ一枚で会社へ通勤しているサラリーマンが圧倒的に多いです。...

【新入社員向き】サラリーマンにおすすめな腕時計ベスト3 <時計怪獣 WatchMonster 2017/3 掲載記事>
2017/3/23 MARUKOME もうすぐ4月になりますが、新入社員の皆さんは腕時計をお持ちでしょうか?まだ購入してない方向けに今回はおすすめの3本をご紹介致します。

【2019年4月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! GMT-MASTER編 <時計怪獣 WatchMonster 2019/4 掲載記事>
2019/4/23 サウスポー...

ロレックス、耐久性の高い高級時計~ロレックスの凄さが分かる <時計怪獣 WatchMonster 2017/6 掲載記事>
2017/6/23 ロレックス愛好家や購入される方は何を基準に選ぶのでしょう?僕が考えるロレックスは、屈強で耐久性の高い時計である事で、それが他のメーカーには無い特徴です。ロレックス社も当然、それを認識、意識して製造販売している筈です。

【2019年!】今年こそ!ロレックス正規店でスポーツモデルを買いに行こう!『前半』 <時計怪獣 WatchMonster 2019/1 掲載記事>
2019/1/27 はなすけ 2018年はロレックス正規店でスポーツモデルを買えなかったので、今年こそはとリベンジに燃えている感じです。