BRANDから探す
BRANDから探す

TUDOR / チュードル / チューダーの記事一覧へ


チューダー の魅力に迫る!ロレックスのディフュージョンでは無い! <時計怪獣 WatchMonster 2019/6 掲載記事>

2019/6/1



20年ほど前に初めて知った「チュードル」は2016年に日本へ「チューダー 」として進出しています。この前HPを見たら意外に良いモデルがいっぱいでびっくりしました。今回はチューダー を僕目線で紹介していきます。


アンバサダーはベッカム

 (219976)

僕はこれまでチューダー (チュードル)に対してネガティブなイメージを持っていました。20年ほど前に初めてロレックスの購入を検討した時に知ったチューダー はチュードルでした。
当時の雑誌に載っているフレーズはロレックスのディフュージョンブランドという聞き慣れないフレーズ。ただわかったことはロレックスの廉価版または弟ブランドということです。
当時のロレックスよりも約10万ほど安く、30万から40万位が相場だったロレックスよりお求めやすさが感じました。
しかし2019年5月末、公式HPを見るとアンバサダーはあのベッカムです。
そしてレディーガガとセレブ達が並んでいます。もうディフュージョンブランドと呼ぶのに少し抵抗がある、ブランドへ成長しているのです。

チューダー の歴史を検証する

とりあえずチューダー に対するこれまでの偏見をまず捨てて、同社の歴史を調べました。
 (219981)

チューダー は1926年にスイスで設立された時計ブランドです。創業者はロレックスの創業者ハンス・ウィルスドルフですが、当初彼は代理人として設立に参加しています。
それから20年の時を経た1946年に初めて現在の名称
「モントレー チューダー SA」としてブランドがスタートしたのです。
この1946年までの20年間は大戦中であったためのモラトリアムと推測できます。ヨーロッパに平和が訪れ、人々の購買意欲が高まり、腕時計セールスも増加し始めた時期です。


今僕らが時計を愛することができるのも、ノルマンディー上陸作戦が成功したことにあります。ウィルスドルフ氏も平和が訪れ時計づくりを本格的に再開したのでしょう。

2009年からチューダー に変化が?

さて、しばらくチューダー はロレックスの弟分としての役割を担っていたのです。
しかし2009年に就任したフィリップ・パヴェレリ氏の就任によってブランドのイメージが変化します。
少しずつロレックス色が抜けて、チューダー 色がブランドに塗られて行くのです。
ヘリテージコレクションが同社のラインナップに加えられて、独立したブランドイメージが増していきます。
 (219996)

さらにロレックスと訣別したかのようなコレクションも投入します。
このPELAGOS(ペラゴス)は一見すると青サブのような外観です。
しかし、スペック素材とロレックスとは全く異なるものを使用しています。ベゼルにはロレックスより上質な素材チタニウムを採用して、軽量化を図っています。
チタンの特性は軽量であることと、耐食性に優れた金属です。
さらに驚くべきことがあります。
左利き用のモデルもこのコレクションにはあります。
 (220005)

これはびっくりでした。実用性ではロレックス以上の製品です。
値段は474300円(正規価格、税込)とサブマリーナ のほぼ半値以下になります。

トケマーでは、どうか!

 (220008)

そしてトケマーを覗くと意外に高い!
これは良いかも知れません。
まずチュードルは1970年代アンティークが高値で取引されます。そして上のモデルのようなヘリテージも高いのが特徴です。
正規価格がリーズナブルのため、購入後数年使ってからトケマーで売るのも良いでしょう。
僕は先程紹介したペラゴスが好きです。

ロレックスに固執しない、チューダー かチュードルかはどうでもいい!!

最近の時計雑誌を見ると、チューダー で統一されています。しかし僕のようなミドル世代にはチュードルという呼び方の方が抵抗はありません。

トケマー内の表記がチューダー とチュードル2つあることに僕は好感を覚えました。

皆さんロレックスだけに固執しないで、チューダー も選択してくださいね。

関連するみんなの投稿

yasukun
人気のチューダークロノタイムプリンスデイト!今後の楽しみな時計です。
5
74日前
ろれお
相場上昇中 TUDOR ロイヤル トケマーにて販売中! 是非お早目に
8
203日前
ZENMAIのココ東京
TUDOR Black Bay GMT One.
M7983 / 001U

エイジドスティールのブラックベイGMTワン格好良いですね。
41mm
キャリバーMT5652-1U
10
207日前
ZENMAIのココ東京
79012M
BLACK BAY FIFTY-EIGHT BRONZE
¥490,600
マニュファクチュール キャリバー MT5400 (COSC)
39 mm ブロンズ製ケース
ブロンズ製リベットブレスレット
サイズ調整を可能にする“T-fit”アジャスティングシステムを装備
9
215日前
ZENMAIのココ東京
チューダーからブティック限定モデルが6/23 22時に発表される予定😃
新素材っぽいですね!
カーボン???

最近の傾向では発表とタイミングを合わせてブティックに並びますので今週にはリリースかな?
8
1
218日前

関連記事

革新的なデザイン性!フランクミュラー トノウカーベックスについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/24 聖徳太子 フランクミュラーの歴史は25年程と腕時計の業界的には新鋭ブランドに入ります。 しかしながら、革新的なデザインで瞬く間に地位を確立し、著名人も多く着ける一流ブランドとして健在しております。 今回はブランドのアイコンともいえるトノウカーベックスについてご紹介いたします。

人気急増!再注目を浴びるデザインウォッチ!パシャ ドゥ カルティエについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/21 聖徳太子 カルティエ パシャ といえば独特な形状で、高いデザイン性を持った防水ウォッチでしたが、一度2016年に廃盤となっておりました。 しかし、2020年リニューアルして「新生 パシャ ドゥ カルティエ」として復活を遂げました。

回転ベゼルを持つ異色なデイトジャスト!サンダーバードについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/17 聖徳太子 ドレスウォッチのロレックス デイトジャストをベースとし、スポーツウォッチように目盛と数字が入った回転ベゼルが採用されている「サンダーバード」。 この異色な組み合わせを持つ腕時計の魅力をご紹介できればと思います。

本格派アールデコ調タイムピース!ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945 <2022/1 掲載記事>
2022/01/13 聖徳太子 ジラール・ペルゴ ヴィンテージ1945はアールデコ調をベースとしたブランドの歴史を感じられる時計です。 今回は現代風に解釈したこちらの時計の魅力をご紹介できればと思います。

完成されたシャネルの定番!J12について <2022/1 掲載記事>
2022/01/06 聖徳太子 シャネルのアイコンとも言えるJ12。 セラミックを使った腕時計の先駆けとして登場し、20年以上にわたって大きくデザインを変えず、健在し続けております。 今回はシャネル J12の名作となる経緯と進化についてご紹介いたします。

グレーに輝く異質なライン!J12クロマティックについて <2022/1 掲載記事>
2022/01/05 聖徳太子 シャネルのアイコン腕時計「J12」といえばブラックかホワイトのセラミックを使用した時計が一般的です。 それとは一味違った独特の素材を使ったシャネルJ12クロマティックについて今回はご紹介いたします。